【テイルウォークキャッチバー改】俺の玉網(タモ)を全力でおすすめしたい【メジャークラフトヘキサネット】

【テイルウォークキャッチバー改】俺の玉網(タモ)を全力でおすすめしたい【メジャークラフトヘキサネット】
釣りにおいて、タックル【ロッド、リールとか】についで釣行に必要なものといえばタモ網。
フィッシングネットやランディックネットと言ったりもしますが早い話が釣った魚を水面から陸地にあげる網ですね。
 
ライトゲームではタモ網がないくてもそれほど困ることは無いけど、シーバスやチヌゲームといったソルドゲームとなるとサイズによってはタックルで抜きあげることができないので釣行時のタモの必要性はほぼマストかと思います。
まあ、ライトゲームでも思わぬ大物がかこることがあるので準備はしておくべきですけどね。
 
そんなタモ網ですが市場には当然ピンからキリまで様様なタモ網がはつばいされてます。
「初めてだから安いので良い。」「取り込み失敗しないためにも評価の高いそこそこ良いものを選びたい。」
等々、タモ選びで迷っている人向けに私が使用しているランディングネットのご紹介。
 
自分で言うのもなんですが、中々良いものを選んだんではないかと思ってます。
 
自分もそうでしたが他人のタックルインプレほど参考になるものはない。間違いない!!
 

テイルウォークのキャッチバー改450+メジャークラフトヘキサネットMサイズ+ジョイントパーツ

 
自分が使用しているタモ網はランディングシャフトはテイルウォークのキャッチバー改450。これにメジャークラフトのヘキサネットMサイズの組み合わせたものを愛用中。
 
さらにジョイントパーツを付けて釣行ポイントまでの自転車移動、ランガン時の機動力アップをはかっています。
3点全部で約、15,000円前後。
人によっては高いと思うかもしれませんが、タモ網はかかった魚を釣り上げる最後の仕上げ。安かろう悪かろうではちょっと不安です。
 
せっかくお魚釣ったのに取り込みで失敗・・・ 
泣くに泣けないです
 
値段はそこそこしても自分の納得の行くものを使いたい。という事で色々物色して選びました。
 

テイルウォーク キャッチバー改450

テイルウォークランディングシャフトのスペック

テイルウォークからは様々なランディングシャフトが発売されていますがその中でキャッチバー改の長さは450㎝を購入。

 
キャッチバー改は350、400、450、500、550、600、700と全7サイズ展開。
600までは50㎝刻みで値段も500円刻み。
この6モデルは仕舞寸法68㎝となっており、継ぎ数が増える分、シャフトの直径が太くなります。
オールマイティーに使用できるものを探していたので無難な550か450で悩みましたがそれぽど足場の高いところの釣行は怖いのでしないだろうということで重量が少しでも軽い450に。
先端素材は適度な締め付けで振り出せば簡単に抜けます
 
スーッとスムーズな振り出し
購入して半年ほどたちますが振り出しはスムーズ。
潮噛みの引っ掛かりは今のところ皆無です。まあ、それほど使う機会がないということもありますが・・・
 
あと、同じテイルウォークから発売されているキャッチバー改のマイクロというシリーズも購入の選択肢には上がったんだけどこちらはしまい込み時のコンパクトさを優先した分、継ぎ数が4から倍の9に。継ぎ数が増えた分、重量増と潮噛みが増えそう+製品としての強度が落ちてしまう気がしてコンパクト差のメリットよりもほかのデメリットが上回っていると思われ落選。
 

ランディングシャフトのここが良いその①:カッコいいカラーリング

テイルウォークのシャフトはオールブラックのカラーリングです。
まあ、テイルウォークに限らずタモの大半はブラックですけど。
 
個人的にはタモくらい大きいものでブルーやレッドのカラーリングはちょっと派手すぎて目立つ気がしてご遠慮いただきたいのでブラック一択です。
 
そこにシルバーのパーツと同色のロゴマークが入っていていい感じです。
 

ランディングシャフトのここが良いその2:付属パーツつきでコスパが良い

製品によってはついてなかったりするパーツですが、このテイルウォークにはベルトハンガーとショルダーベルトがついてます。
キャッチバー改にはベルトハンガーが標準装備
ネオプレーン素材のショルダーベルト
これ、ついてないものを選ぶと地味にプラスの出費になるのでありがたい。
ベルトハンガーはその名の通り、ランガン中にはベルトに通しておくこともできますし、ゲームベスト着用時には背中のDリングに通しておくのが一般的。
ウェーディング時の使用にはマストな付属品ではないかな?
ショルダーベルトはネオプレーン性の伸縮性の高いものになっているので肩掛けの際の負担がかなり軽減されます。
このネオプレーン性のショルダーベルト、単品で第一精工から販売されているけど中々のお値段。
これが付属されているテイルウォークのランディングシャフト、キャッチバー改はお勧めです。

メジャークラフト ヘキサゴンネット

ネットの方はメジャークラフトのヘキサネットです。
もともと、最初のタモはホームセンターに売っているような安いものを使っていたのでネットはそれをしばらく流用してました。
でも、やっぱり丸形は取り込みにくさがあって、オーバル型を選択。
ヘキサネットはオーバル型の中でもより、ヘキサ型(6角形)で先端がカーブしているよりも水平な分、口が広くて取り込み易そうに感じたので。

大きさは2種類。

大きさはMサイズとLサイズの2種類。
 
Mサイズは縦が55㎝、横が50㎝。Lサイズが縦が67㎝、横が58㎝。
並べてみると大きさはかなり違います。
 
加えて、ヘキサネットは両サイズとも強度がしっかりした1ピースモデルと収納に便利な4つ折りモデルと自分のスタイルに合わせた選択ができるバリエーション。
自分はLサイズはかなり大きく感じ、自転車移動での持ち運びはちょっと不便さを感じたので、Mサイズで収納時もかさばらない4つ折りtypeを選択。
 
4つ折りは強度に不安がありますが今のところ取り込み時に強度不足を感じる場面はなく、10KGぐらいまでなら問題はなさそう。10キロなんておかっぱりでかかることなんてまずないので心配は無用です。
 

ジョイントパーツも使ってます。

シャフトとネット。これでタモ網(ランディングネット)としての機能は十分果たせますが、より便利に活用するジョイントパーツも当然使ってます。
使っているのはこれ。
 
他からも販売されていて、もっと安価なタイプもありますがそれらはプラスチック製で使用しているうちに仕様に耐えきれず破損しそうなイメージがあったので金属パーツで頑丈そうなタイプを選んでます・
 
 
折り畳みの状態はロックかかっておらず、フリーな状態
使用時は振り子のように振り出す
半回転してタモに対して水平になるとロックがかかる
これ付けておけば、折り畳めるのでたも網をコンパクトに持ち運べる。
展開もフリーな状態からネットを下に向ければまっすぐな状態になった時点でロックがかかるので取り出しも素早くできます。
むしろランガンでの機動力アップのためにも、たも網使用にはマストなパーツです。
 

俺のタモ網のまとめ

というわけで自分のお気に入りのたも網の自慢でした。
たも網はせっかくかけた魚を取り込み失敗で悔しい思いをしないためにもしっかりしたものを選ぶべきかと思います。
 

Amazonユーザーはプライム会員登録を忘れずに!

Amazonを利用するならプライム会員登録が断然お得!お急ぎ便、お届け日指定が無料で使い放題!他にもAmazonタブレットが4,000円引きやタイムセール先行販売など特典多数!!Amazonプライムは30日間無料

楽天市場での利用は楽天カードでポイント2倍!

楽天市場でお買い物するならポイントが2倍貯まる楽天カードがお得。カード入会、エントリーでもれなくもらえるポイント獲得キャンペーンも実施中。年会費も永年無料で持っていても損は無し!アプリ、端末利用でポイントは最大7倍!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


釣り・フィッシングランキング